機能性にこだわった寝具をデザインしてもらえたり、生活スタイルに合ったデザインにできるところが、日本でもオーダーベッドの人気が向上している理由です。市販の寝具は横幅が長すぎて、部屋のスペースを圧迫してしまうと感じた時には、市販の製品よりも更に小さい寝具を作り上げる事ができます。寝具のサイズが小さいと寝苦しくなりそうだと感じてしまう人もいますが、寝返りを打てるだけの十分なスペースがあれば問題ありません。問題なのは寝返りが打ちやすいマットレスを用意できるかという点で、業者側が寝心地の良さを重視する際には、ある程度の反発があって寝返りが打てる事を重視してくれます。寝具を配置しやすいように部屋を片付けるのではなく、寝具の方を小さくするといった工夫をしてみてください。

収納スペースの確保のために役立ちます

ただ寝心地の良さだけを意識して、購入する寝具を選んでしまう人も多いのですが、寝具には様々な機能性を加えられる事も忘れてはいけません。特に意識をしてほしいのが、オーダーベッドは寝具の下部分に取り付ける、収納棚の大きさを選ばせてもらえるという点です。寝具の下部分に一段だけ収納棚が取り付けられている製品は、市販されている寝具の中にも沢山あります。しかし自分で設計にこだわった寝具であれば、収納棚を二つや三つほど取り付ける事もできて、まるでタンスの上に布団が敷かれているような感覚にもなれます。部屋の中に収納棚を設置する余裕が無くて困っている時には、まずは寝具のデザインにこだわる事によって、どれだけ広々とした収納スペースを確保できるのか試してみてください。

掃除のしやすさを意識できる寝具

寝具の周囲はホコリが溜まりやすい上に、掃除をするのが面倒だというイメージを持っている方々は、オーダーベッドのデザインにこだわってみてください。近年では掃除のしやすさを重視しながら、寝具のデザインを決めるという人も増えてきています。掃除機を寝具の下に滑り込ませやすいように、少しばかり高さのある寝具をデザインしてもらうという人も珍しくありません。ホコリが溜まりやすい場所を一つ減らせるだけでも、ダニが発生する可能性を下げられますし、カビの胞子なども溜まりにくくなってくれます。ロボット型の掃除機を使っている家庭は、その掃除機が寝具の下を通り抜けられるように、高さを調節してほしいとリクエストしている事も多いです。ちょっとした高さ調整でもリクエストに応じてもらえる点を皆さんが喜んでいます。