山口 求人

山口の求人に見られる傾向を時代別に比較

平成17年に行われた国税調査によると、山口県における15歳以上の就業者数は約72万人となっています。第一次産業が約5万人、第二次産業が約20万人、第三次産業が約47万人となっています。産業別に就業者数を比較してみると、最も多いサービス業が約37万人、その次に約12万人の製造業、約8万人の建設業、約5万人の運輸通信業、農業は約4万人となっています。年々第一次産業と第二次産業は減少する傾向にあるのに対して、第三次産業は増加しています。特に製造業が減少し、サービス業が増加していることから、IT化によって産業が大きく変化していることがわかります。求人状況も同じような状況となっており、山口県におけるサービス業の求人は年々増加傾向にあるのですが、常に人不足の状態となっているのが現状です。

山口県の求人の特徴を詳しく解説

山口県の特産品というと、「ふぐ」を思い浮かべる人も多いです。良質なふぐは人気が高く、シーズンになると日本全国からふぐを食しに観光客が訪れます。そのため、ふぐ関連の産業が盛んとなっているのが特徴です。ふぐの水揚げを行っている漁業関係者、ふぐの加工を行っている水産関係者、観光客の受け入れを行っているホテル業界や観光施設といったように多くの求人が案内されています。そういったふぐの関連求人で多いのが、派遣社員の募集です。繁忙期に人手が欲しいと考える企業は、その時期のみの派遣社員を希望することが多いのです。また、派遣社員はパートやアルバイトと比較して時給が高いのが特徴のため、通年を通して働けない人にとってメリットが高く、需要と供給のバランスが取られているのが特徴です。

山口県で効果的な求人の探し方とは

ふぐが有名な山口県は、漁業が盛んにおこなわれているため、漁業関係者の求人は多くなっています。その他にも、プラントやコンビナートが多くある地域のため工業も盛んとなっており、こちらの求人も多くなっているのが特徴です。漁業や工業の求人というと、現場作業ばかりのイメージがありますが、現場と会社や対外企業の連絡係ともなる事務の求人もあります。山口県の求人を効果的に探す方法は、インターネットの検索サイトを活用するのがおすすめです。職種や業種別、給料や時間帯別に細かく希望項目を決めることができるため、自分の条件にあった求人を見つけやすくなっています。また、漁業や工業が盛んな山口県ならではの求人を見つけたいなら、地元に密着した求人サイトがおすすめです。地元の小さいながらも活躍している企業など、大手では見つけられない求人を見つけることができます。